2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

横岳2825m ツクモ草 (長野県)

1-RIMG0157.jpg 
ツクモ草


【山行日】2010年6月17日(木)
【天候】晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】海ノ口別荘地P(6:40)~枯木帯(8:50-9:05)~残雪・雪渓(9:23-10:24)~三叉峰分岐(10:40)~ツクモ草・昼食(10:45-12:22)~横岳往復~三叉峰分岐(13:18)~雪渓(30分)~海ノ口駐車場(15:42)

6月10日に硫黄岳の方からツクモ草に逢いに行ったので、今日はこちらから行ってみる。
海ノ口別荘地にある登山者用駐車場に車を停め、別荘地の中を通り杣添登山口から登る。

1-RIMG0093.jpg 海ノ口登山者用P

1-RIMG0096.jpg 別荘地を抜け、登山道入り口

1-RIMG0097.jpg 滑ったら嫌な苦手な橋

1-RIMG0098.jpg 急登の樹林帯に入る

1-RIMG0105.jpg まだまだ続く樹林帯

1-RIMG0115.jpg 樹林帯の間から富士山

長い樹林帯から枯木帯を過ぎると残雪が現れる。
踏み後を確実に辿り、ダケカンバやハイマツの枝を潜ったり、乗り越えたりして進む。
長いダケカンバの雪渓歩き、キックステップで登る。

1-RIMG0118.jpg 突然雪道に

1-RIMG0123.jpg 道はどこやら?木を乗り越え

1-RIMG0126.jpg 間を潜りぬけ

1-RIMG0127.jpg 行く方向が見えてきた

1-RIMG0128.jpg ダケカンバの林を踏み後を辿り

1-RIMG0130.jpg もう少しだ、ガンバレ

今日は梅雨の晴れ間、ツクモ草目当ての登山者が何組か居たので、
心配していた残雪・雪渓歩きも大丈夫だった。
1時間かかりやっと登りきると赤岳が大きく、美しい。
這松の急登を頑張ると三叉峰分岐に着く。

1-RIMG0131.jpg 最後の頑張り、這松帯の急登

1-RIMG0132.jpg 赤岳(頂上小屋・天望荘も見える)

1-RIMG0139.jpg 杣添尾根を登りきった三叉峰

ここからはツクモクサの撮影タイムと昼食でゆっくり時間を過ごす。
皆カメラを持った人たちで賑わう。

1-RIMG0162.jpg 黄緑かかった淡い黄色のツクモ草

1-RIMG0150.jpg   柔らかいうぶ毛に覆われ

1-RIMG0164.jpg 可愛いねェ~

1-RIMG0194.jpg

1-RIMG0178.jpg オヤマノエンドウ

1-RIMG0167.jpg ミネズオウ

1-RIMG0145.jpg イワウメ

1-RIMG0138.jpg キバナシャクナゲ

1-RIMG0190.jpg ウルップソウ(見頃はもう少し先)

1-RIMG0188.jpg イワカガミ

1-RIMG0155.jpg 赤岳・中岳・阿弥陀岳

1-RIMG0166.jpg 横岳方面

ザックを分岐に置き横岳往復する。
横岳頂上から大同心・小同心を眺めると、
小同心をロッククライミングで登っている人がいた。

1-RIMG0175.jpg 横岳手前の鉄梯子

1-RIMG0184.jpg 横岳頂上

1-RIMG0180.jpg 横岳から大同心と硫黄岳

1-RIMG0182.jpg 小同心で何か動くものが?

1-RIMG0181.jpg 人だった

三叉峰まで戻りザックを背負い、いつまでも居たい気持ちを抑え下山をする。
這い松の急坂を下り、アイゼンを付け雪渓を気持ちよく歩く。

1-RIMG0196.jpg 三叉峰から下る

1-RIMG0197.jpg 這い松帯を急下降

1-RIMG0200.jpg 残雪を下る

1-RIMG0198.jpg アイゼンを付け快適に歩く

1-RIMG0203.jpg 苔の色も美しかった

樹林帯を抜け別荘地の中を歩き駐車場に着く。
今日は天候・景色・花ともに大満足の1日だった。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2010年登山記録 | 11時41分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

硫黄岳 2760m ツクモ草 (長野県)

s-RIMG0028.jpg
ツクモ草

【山行日】2010年6月10日(木)
【天候】晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】桜平(7:45)~オーレン小屋(8:54-9:00)~夏沢ヒュッテ(9:23-9:30)~硫黄岳(10:28-10:34)~ツクモ草(11:28-12:20昼・写真)~硫黄岳(13:08-16)~オーレン小屋(14:10-14:25)~桜平(15:20)

このコースは2008年にTさんと2人で登った事があり、今回は一人で来た。
桜平迄の道は砂利道で凸凹で大変だった。
車道の脇のスペースに車を停め夏沢鉱泉までは林道歩き。

s-RIMG0005.jpg 桜平駐車場

s-RIMG0007.jpg オーレン小屋

s-RIMG0008.jpg 夏沢ヒュッテ

s-RIMG0009.jpg 夏沢ヒュッテと天狗岳
s-RIMG0011.jpg 爆裂火口

オーレン小屋から夏沢峠までの樹林帯では、少し残雪が残っているところが有る。
夏沢峠から硫黄岳までは森林限界を過ぎ石畳を登る。
頂上から硫黄岳山荘へ下り、横岳方面に登る。

s-RIMG0013.jpg 硫黄岳頂上

s-RIMG0017.jpg 頂上より赤岳・中岳・阿弥陀岳

s-RIMG0015.jpg 横岳方面(左中程に硫黄岳山荘)

s-RIMG0020.jpg 硫黄岳山荘と駒草神社

台座の頭を過ぎた岩の陰にツクモ草が咲いている。
写真を撮り、昼食をゆっくり食べて心地よい時間を過ごす。
この先に行くともっとツクモ草が咲いているが、今度違う
コースで登るつもりなので、今日はここまでにする。

s-RIMG0025.jpg ツクモ草

s-RIMG0024.jpg

下山は往路を戻る。
天気が良くとても気持ち良い。
今日もなんとなく足が重い(靴を変えた為か、一人なので疲れるのか?)。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2010年登山記録 | 15時26分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

日向山1659m・鞍掛山2037m (山梨県)

s-RIMG0295.jpg
鞍掛山への登山道から甲斐駒ケ岳


【山行日】2010年6月5日(土)
【天候】晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】日向山登山口(7:05)~日向山三角点(8:26)~雁ケ原(8:35)~錦滝分岐(8:50)~駒岩(10:33)~クモイコザクラ咲く岩(10:45-10:58)~鞍掛山(11:25)~展望台(11:32-12:15昼)~クモイコザクラ写真~錦滝(15:15)~登山口(15:55)

今回はクモイコザクラを見たくて鞍掛山に行くことにした。

s-RIMG0206.jpg 日向山登山口

s-RIMG0208.jpg ギンリョウソウ

s-RIMG0214.jpg ミツバツツジ

s-RIMG0216.jpg  日向山三角点


日向山の登山道は明るく歩き易い、頂上は見晴らしがないので雁ケ原に向かう。
雁ケ原は真っ白な砂と岩、目の前に甲斐駒や鳳凰山がすばらしい。
ゆっくり休むつもりでいたが風が冷たく寒いので、鞍掛山に向かう。
分岐までは滑る急坂を気を付けて下る。

s-RIMG0218.jpg 雁ヶ原

s-RIMG0220.jpg

s-RIMG0222.jpg

s-RIMG0225.jpg

s-RIMG0232.jpg

s-RIMG0228.jpg 錦滝分岐まで急下降する

s-RIMG0233.jpg 錦滝分岐(鞍掛山へは直進)

そこから鞍掛山迄2時間半、長い行程不安が有るがクモイコザクラに逢いたくて進む。
この山はツツジが多く、オレンジの山ツツジ、標高が上がると紫のツツジが満開で美しい。
途中で岐阜の男性と一緒になり、その人もクモイコザクラの写真を撮るのが目的、一緒に登る。
地図のルートは点線、踏み後が有るので迷うことはない。
結構急登が有りハードな山で、やっとクモイコザクラの咲く岩に到着。

s-RIMG0240.jpg 駒岩分岐(もう少しでクモイコザクラの咲く岩へ)

s-RIMG0283.jpg 今日の目的 クモイコザクラ

s-RIMG0246.jpg とても可愛い

s-RIMG0256.jpg

s-RIMG0290.jpg

写真をゆっくり撮り頂上に向かう。
鞍掛山も頂上は見晴らしがないので展望台に進む。
ここは絶景、大きな甲斐駒・黒戸尾根・鋸岳を眺め昼食にする。

s-RIMG0261.jpg 樹林帯の鞍掛山頂上
 
s-RIMG0262.jpg 見晴らし台(祠が崩れて・・・)

s-RIMG0264.jpg 見晴らし台から甲斐駒

下山開始、またクモイコザクラの場所でゆっくり楽しんだ。
途中イワカガミが群生していた。

s-RIMG0301.jpg イワカガミの群生

s-RIMG0300.jpg 鳳凰山

雁ケ原分岐手前で近道を教えて頂き、岐阜の方と別れ錦滝に向かう。
この方の山のブログはお花の情報など、参考にさせていただいてます。
急坂が錦滝まで続き、滝の脇にユキワリソウが咲いている。

s-RIMG0304.jpg 近道から合流、錦滝への分岐

s-RIMG0305.jpg 長い鉄梯子を下り

s-RIMG0306.jpg 錦滝

s-RIMG0309.jpg 錦滝の岩に咲くユキワリソウ

s-RIMG0310.jpg 林道脇にフタリシズカ

ここからは林道をのんびり駐車場に戻る。
鞍掛山への登山者は少なく、一人では不安だったが良い方と同行出来て良かった。
初めてクモイコザクラを見る事が出来、満足できる山登りになった。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2010年登山記録 | 00時33分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |