| PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

三頭山(1531m)  東京都・山梨県

DSC01949_20171019161932f84.jpg
麦山浮橋

【山行日】2017年10月18日(水)
【天候】晴れのち曇り
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】峰谷橋P(6:31)~浮橋~三頭山登山口(7:00)~イヨ山(8:06)~ヌカザス山(9:04)~鶴峠分岐(10:00)~三頭山頂上(西・中央・東 10:34-11:25)~鞘口峠(12:16)~山のふるさと村(13:30-13:46)~浮橋~峰谷橋P(14:36)

毎日雨降り、一日だけ晴れの予報なので近場の山に行く。
2016年3月に雪道を歩いた三頭山、今回は奥多摩湖を浮橋で渡り三頭山へ登る。

DSC01944.jpg 峰谷橋P
DSC01947_20171019161932f24.jpg 浮橋を渡る

一度歩いてみたいと思っていたドラム缶橋、今はドラム缶ではないが継ぎ目の揺れを
感じながら一人歩いて、向こう岸に渡る。
そこから少し歩き、車道に出て三頭山登山口に向かう。

DSC01955.jpg 三頭山登山口

DSC01957.jpg いきなりの急登

DSC01958.jpg 太陽が出て・・

DSC01961_201710191621059d5.jpg イヨ山へ到着

DSC01963.jpg 午後まで晴れていてと願う

DSC01967.jpg 更に道は険しくなる

DSC01971_20171019162103b81.jpgヌカザス山へ到着

DSC01978.jpg トラロープも出てきた

DSC01979_20171019162103250.jpg 入小沢ノ峠

DSC01981_2017101916222010d.jpg 平坦な歩きやすい道に

DSC01982_20171019162219119.jpg 色付き始めた木

DSC01984.jpg 鶴峠分岐

最初からの急登でイヨ山へ、イヨ山からはアップダウンの繰り返しになる。
痩せ尾根やトラロープもある登りを過ぎ、やっと歩きやすい道になる。
紅葉が始まると綺麗だろうと、上を見上げる。
2016年の3月に歩いた鶴峠への分岐に到着、最後の登りになる。

DSC01987.jpg もう少しで頂上

DSC01989.jpg 三頭山頂上(西峰)

DSC01990.jpg 山梨県側標識

DSC01993_20171019162407617.jpg 団体さんで賑わう頂上

DSC01994_20171019162407194.jpg 中央峰頂上

DSC01995.jpg 東峰頂上

DSC01996.jpg 東峰展望台

麦山浮橋から鶴峠分岐までは、誰とも会うことなく登って来た。
頂上直下の鶴峠分岐までくると、都民の森からの登山者で多くなる。
残念ながら先ほど迄の太陽は、頂上へ着いた時には隠れてしまい眺望もゼロになった。
下山は鞘口峠から鞘口沢コースで山のふるさと村へ、そこから湖畔の小道で浮橋へ向かう。

DSC02002_20171019162405e5c.jpg 少しだけ癒しの紅葉

DSC02007.jpg 鞘口峠に下りてきた

DSC02011.jpg 土留めがされた登山道

DSC02012_2017101916250928e.jpg 標識は多く迷う事はない

DSC02014_201710191625093f4.jpg 沢沿いは苔の世界

DSC02016.jpg 登山道を振り返る

DSC02018.jpg 奥多摩周遊道路を横断し

DSC02019.jpg 沢を何度も渡り

DSC02020.jpg キャンプ場に下りてきた

DSC02023_201710191626199ab.jpg 山のふるさと村に到着

DSC02026_201710192356156b0.jpg ふるさと村から浮橋へ

DSC02029_20171019162618570.jpg 湖畔の小道(左上に車道)

DSC02030.jpg 浮橋に戻って来た

頂上から鞘口峠までの下りも、何組もの登山者と行きあう。
鞘口峠からサイグチ沢コースに入ると、もう誰とも会う事は無くなる。
聞こえるのは沢の音だけ、ちょっと寂しい感じに携帯ラジオのスイッチをいれた。
浮橋も誰も居ない、自分の歩く揺れを感じながら歩いた。
紅葉シーズンになると、観光客で渡る人も多いと思われる。
今回のヌカザス尾根は、アップダウンを繰り返す登り甲斐のあるコースだった。
色々なコースが有るので、また違うコースで登ってみようと思う。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2017年登山記録 | 23時07分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

権現岳(2715m)  山梨県・長野県

DSC01900.jpg
権現岳より、阿弥陀岳・中岳・赤岳、その奥に横岳・硫黄岳・左奥に蓼科山

【山行日】2017年10月10日(火)
【天候】晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】
観音平P(6:18)~雲海(7:07)~押手川(7:53)~青年小屋(9:14-9:44)~ノロシ場(10:12)~権現岳(11:00-11:47)~青年小屋(12:45-13:12)~押手川(14:00)~雲海(14:30-14:46)~観音平P(15:24)

北岳に登ってから2週間が経って、何処かへ登りたい。
何度か登った事の有る権現岳、登りがいがあり、眺望も良い山だ。
2015年9月の時は、編笠山の頂上を踏んで権現岳・三ッ頭から観音平への周回だった。
今回はまきみちで青年小屋へ直に行き、権現岳へ登り同じコースで戻る。


DSC01826.jpg 観音平、権現岳登山口

DSC01828.jpg 雲海に到着

DSC01831.jpg 快晴

DSC01832_20171012222606137.jpg
雲海展望台より富士山

観音平から樹林帯の中を進んできて雲海展望台に到着、富士山が綺麗に見える。
直ぐに樹林帯の中の登山道になり、ひたすら足元に神経を集中して歩く。
ふと見上げると、綺麗に色付いた樹木に足を止める。

DSC01835.jpg

DSC01837.jpg

DSC01839.jpg

DSC01842_20171012222907f47.jpg 押手川に到着

押手川の分岐を編笠山へは登らず、青年小屋方面のまきみちに進む。
更に深い樹林帯のまきみち、まきみちと言ってもキツイ登りが続く。

DSC01846.jpg まきみちの岩続きの登山道

DSC01851.jpg

DSC01854_2017101222304843e.jpg 苔の森の中を進む

DSC01856.jpg 青年小屋まで20分の道標

DSC01859.jpg 青年小屋に到着

やっと樹林帯を抜け視界のひらけた場所、青年小屋に到着。
此処で休憩をして、ノロシ場からギボシへの鎖場・岩場の登りに備える。

DSC01862_2017101222304788d.jpg
編笠山

DSC01865.jpg
青年小屋から富士山

DSC01926_20171013023002031.jpg
青年小屋から西ギボシ・東ギボシ・権現岳

DSC01867_20171012223252bd2.jpg
青年小屋から少し登って富士山

DSC01873_20171012223249782.jpg
ノロシ場から富士山、手前に三ッ頭

DSC01869_2017101301022023f.jpg 西ギボシと奥に権現岳

DSC01871.jpg
ノロシ場から、編笠山と西岳

DSC01870.jpg
編笠山と南アルプス

見晴らしの良いノロシ場に到着、これからが今日の登山の核心部になる。
ザレの急登・岩場・鎖場を登っていく。

DSC01875.jpg
西ギボシのザレを登る、上部に登山者が見える。

DSC01874_20171012223430d5a.jpg

DSC01876_20171012223429f69.jpg
ザレが過ぎると、鎖を頼りに進む岩場になる。

DSC01877_201710122234295f7.jpg
登ってきて振り返る、編笠山・青年小屋・中央にノロシ場。

DSC01878.jpg
ギボシの岩稜、左に阿弥陀岳。

DSC01879.jpg
右奥に権現岳

DSC01882.jpg
権現岳と手前に権現小屋

岩場・鎖場を登りきれば、眼下に権現小屋が見えて足元も良くなる。
権現小屋まで下り、一登りして権現岳の岩塊の根元に到着。

DSC01904_20171013002622844.jpg
権現岳と左奥に三ッ頭

DSC01883.jpg 権現岳に到着、岩を登って頂上へ。

DSC01887.jpg 狭い権現岳頂上

DSC01892_2017101300235677b.jpg
頂上から後ろを覗くと、綺麗な紅葉が見えた。

権現岳頂上は狭く危険な岩場なので、順番に写真を撮り合いして場所を空ける。
赤岳へのキレット縦走路の分岐まで戻って、ゆっくりと休憩にする。

DSC01884.jpg
編笠山と青年小屋、右に西岳。

DSC01898.jpg
ギボシと権現小屋

DSC01891_20171013002356989.jpg
左丸い所、分岐で休憩する。

DSC01901.jpg
右が休憩した分岐、赤岳とキレット縦走路。

DSC01903.jpg
縦走路に行くには、この梯子を下らなければならない。

キレット縦走路は2回歩き、この梯子もハラハラドキドキで登った。
その時は一人ではなかったので、何とか登れた。
この苦手な梯子が有るので、一人でこの道を歩く勇気が出ないでいる。

ゆっくりと景色を楽しみ休憩し下山、岩場・鎖場のギボシのトラバースへ向かう。

DSC01913_20171013002620b33.jpg
岩場から振り返る、小屋の上が休憩した分岐。

DSC01921_20171013002814133.jpg
ノロシ場まで戻って来た

青年小屋まで下って来て、ポカポカ陽気で気持ち良く休憩にする。
帰りもまきみちで押手川へ下り、雲海で最後の休憩にする。
富士山は朝と変わらずに綺麗に見えて、下ってしまうのが惜しい気がする。
今日は後になり先になり、休憩もいつも一緒だった方が、雲海からの下山は
富士見平の方の道が良いと教えて下さった。
確かに岩の登山道が続いたので、とても楽に歩けて駐車場に戻れた。

DSC01938.jpg トリカブト


今日の権現岳は、本当に穏やかな天候に恵まれて歩き易かった。
編笠山に登るのを避けたので、時間的にも余裕が有りのんびり出来た。




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2017年登山記録 | 23時02分 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

白峰三山(3日目)  山梨県・静岡県

DSC01624.jpg
北岳バットレス

【標高】北岳(3193m) 間ノ岳(3190m) 農鳥岳(3026m) 西農鳥岳(3051m)
【山行日】2017年9月24日(日)~ 9月26日(火)
【天候】3日間とも晴れ
【形態】単独・2泊3日
【コースタイム】
3日目 農鳥小屋(6:04)~間ノ岳(7:51-8:07)~中白根~北岳山荘(9:21-9:46)~吊り尾根分岐(10:35)~八本歯のコル(11:19)~二俣(13:00-13:29)~広河原(15:05)

最後の3日目、今日も雨の心配もなく気持ちよく歩けそうだ。
小屋で朝食を済ませ、日の出と富士山を眺めてからゆっくりの出発となる。
間ノ岳まで登り返し、北岳山荘から北岳吊り尾根まで更に登り返す。
北岳山荘から八本歯へのトラバース道は、落石の危険がある為通行禁止になっている。
吊り尾根から八本歯へ下り、左俣コースで大樺沢から広河原に戻る。

DSC01533_2017092911565236a.jpg
農鳥小屋から、日の出と富士山。

DSC01554.jpg

DSC01550.jpg
朝日をうける農鳥岳

DSC01547.jpg
間ノ岳

DSC01555.jpg 農鳥小屋を後に出発

DSC01561.jpg 霜の降りたウラシマツツジ

DSC01565_2017092912015325f.jpg 輝くウラシマツツジの葉

DSC01571.jpg
農鳥岳・農鳥小屋が遠くになる。

DSC01573.jpg
間ノ岳へ向けて登る、降りて来る登山者の姿が見える。

DSC01573-1.jpg
アップすれば、分かるかな?

DSC01577_201709291201519ba.jpg
もうすこしで間ノ岳頂上(左)、右に北岳・甲斐駒ケ岳。

DSC01589_20170929120151625.jpg 間ノ岳頂上

DSC01594.jpg
中白根山(左)にむけて、歩を進める。

DSC01609.jpg
中白根山を過ぎ、北岳山荘へ向けて下る。

DSC01612.jpg
北岳山荘に到着、此処から吊り尾根分岐迄登り返すので休憩する。

DSC01616_20170929120352ef6.jpg
大分登ってきて、北岳山荘が小さく下に見える。

DSC01614_20170929120843c57.jpg 吊り尾根分岐まで登る。

DSC01617.jpg
吊り尾根分岐に到着、正面登りは北岳。右方向の八本歯方向へ、下る。

DSC01620_2017092912102367d.jpg
吊り尾根分岐から、北岳山荘トラバース道分岐まで下りてきた。

DSC01626.jpg
迫力のバットレス

DSC01623.jpg 大きすぎて、撮れません。

DSC01629.jpg 下りてきた梯子

DSC01631_201709291210211f8.jpg
八本歯のコルに到着、此処から要注意の梯子の連続になる。

DSC01634.jpg
八本歯のコルへ向けて、登る登山者。
DSC01637.jpg
八本歯からバットレス

DSC01646.jpg
大樺沢から、バットレスを見上げる。

DSC01651.jpg
ミヤマハナシノブ

DSC01654.jpg
色とりどりの花や葉が、秋を楽しませてくれる。

DSC01661.jpg
クロクモソウ

DSC01670.jpg
大樺沢に残る雪渓とホタルブクロ・タカネスイバ

DSC01672_2017092912113258d.jpg クガイソウ

DSC01676_2017092912122686e.jpg トリカブト

DSC01673.jpg 二俣まで下りてきた。

大迫力のバットレス、色付いた木々、花や黄や赤く染まった葉が綺麗だ。
八本歯の梯子の下り、左俣コースの急坂のザレに神経を使った。
二俣のトイレが見えてホッと一安心し、此処で休憩をして広河原へ下る。

DSC01677_20170929121225125.jpg

広河原から、乗合タクシー(9名集まるまで待って)で芦安へ。
芦安で第8駐車場まで歩こうとしたら、乗合タクシーで送ってくれた。
第8駐車場には、私の車だけがポツンと有っただけだった。
23回目の北岳、天候に恵まれて最高に楽しめた。


1日目 広河原~右俣コース~肩の小屋
2日目 肩の小屋~間ノ岳~農鳥小屋~農鳥岳~農鳥小屋

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2017年登山記録 | 12時35分 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

白峰三山(2日目) 山梨県・静岡県

DSC01399_20170928225315e2f.jpg
北岳頂上より夜明けの富士山

【標高】北岳(3193m) 間ノ岳(3190m) 農鳥岳(3026m) 西農鳥岳(3051m)
【山行日】2017年9月24日(日)~ 9月26日(火)
【天候】3日間とも晴れ
【形態】単独・2泊3日
【コースタイム】
2日目 肩ノ小屋(4:45)~北岳頂上(5:23-6:15)~北岳山荘~中白根~間ノ岳頂上(9:21-9:40)~農鳥小屋(10:45-11:09)~西農鳥岳(11:55)~農鳥岳頂上(12:30-12:46)~西農鳥岳~農鳥小屋(14:06)

小屋を早く出て、頂上手前から富士山・北岳・間ノ岳と並ぶ写真を撮り頂上へ向かう。
頂上へ着き、太陽の上がるのを待つ。

DSC01371_20170928163224c93.jpg
一番(富士山) 二番(北岳) 三番(間ノ岳)

DSC01375.jpg
太陽のお出まし

DSC01377.jpg

DSC01382.jpg

DSC01396_201709282320562ac.jpg

DSC01390_2017092816322262e.jpg

DSC01391_20170928163222e8e.jpg

DSC01401_2017092816351060b.jpg
甲斐駒ケ岳・八ケ岳

DSC01394.jpg
中央アルプスに影北岳

DSC01403.jpg
仙丈ケ岳の後ろに、中央アルプス・乗鞍岳・北アルプス

DSC01404_20170928164454386.jpg
北アルプス

DSC01409.jpg
正面に鳳凰山

頂上から日の出と、美しい景色を楽しんで間ノ岳・農鳥岳へ向けて出発。
遠くまですっきりと見える山々を見ながら、足元に注意して下る。

DSC01422_20170928164454f9d.jpg
間ノ岳(中央)に向かう、左に農鳥岳、右に塩見岳。

DSC01429_201709281644531bd.jpg
美しい富士山

DSC01430.jpg
吊り尾根分岐迄下って来た、向こうに中央アルプス。

DSC01439_20170928224003af1.jpg
北岳から下ってきて振り返る(途中に梯子)

DSC01442.jpg
農鳥岳・間ノ岳・中白根・北岳山荘

DSC01449.jpg
北岳山荘に到着

DSC01453.jpg
中白根山へ向かう

DSC01457.jpg
中白根山から間ノ岳、右に小さく塩見岳

DSC01459.jpg
振り返って、北岳と北岳山荘。左奥に甲斐駒ケ岳・鋸岳

DSC01460_20170928224142974.jpg
北岳・八本歯ノ頭・ポーコン沢ノ頭、その向こうに鳳凰三山。

DSC01466.jpg
仙丈ケ岳・鋸岳・甲斐駒ケ岳・北岳、手前に中白根山。

DSC01469.jpg
間ノ岳頂上、鋸岳・甲斐駒ケ岳(奥に八ケ岳)・北岳・鳳凰山

DSC01471.jpg
左に農鳥岳、右に塩見岳、奥に荒川岳・赤石岳

DSC01483.jpg
農鳥岳が目前に、農鳥小屋は近い。

DSC01485_20170928224251408.jpg
間ノ岳を振り返る

DSC01486.jpg
農鳥小屋に到着、左に農鳥岳。

農鳥小屋に着いて、小屋主さんに「農鳥岳迄行ってきたいのですが・・・。」と。
「そうか、ゆっくり休んでいないで、出発してな。」と、お許しが出た。
「早く出発して、2時までには帰って来るようにな。」と。
急いでおにぎりを一つ食べて、サブザックで出かける。
西農鳥岳へは急登を進み、稜線に出ると間もなく西農鳥岳に着く。

DSC01494.jpg
稜線に到着、目の前に西農鳥岳、右の平らな中間が農鳥岳頂上。

DSC01500.jpg
農鳥岳へ向かう

DSC01511.jpg
印に沿って岩場を通過

DSC01514_201709282246356f6.jpg
何カ所か岩場を通過して

DSC01516.jpg

DSC01501_201709290037172e8.jpg
歩きやすい道を進み

DSC01504.jpg
農鳥岳頂上に到着

DSC01505.jpg

間ノ岳までは大勢の登山者と行きあったが、農鳥岳までくる人は少ない。
農鳥岳は奈良田に縦走する人が、来るだけになる。
私は何度か奈良田に下っているので、今回は来た道を戻り広河原に下りる。
此処でノンビリは出来ない、小屋に早く戻らなければいけない。

DSC01518.jpg
西農鳥岳まで戻って、間ノ岳と下に農鳥小屋。

農鳥小屋に戻り、ゆっくりとする。
今晩の泊りは、最初私一人かもと言われていたが最終的には6人になった。


1日目 広河原~右俣コース~肩の小屋
3日目 農鳥小屋~間ノ岳~吊り尾根分岐~左俣コース~広河原


≫ 続きを読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2017年登山記録 | 23時42分 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

白峰三山(1日目)  山梨県・静岡県

DSC01349_20170928115310f06.jpg
小太郎尾根分岐から北岳へ(ウラシマツツジの紅葉)

【標高】北岳(3193m) 間ノ岳(3190m) 農鳥岳(3026m) 西農鳥岳(3051m)
【山行日】2017年9月24日(日)~ 9月26日(火)
【天候】3日間とも晴れ
【形態】単独・2泊3日
【コースタイム】
1日目 広河原(7:25)~二俣(9:51-10:20)~右俣コース~小太郎尾根分岐(13:04)~肩ノ小屋(13:50)
2日目 肩ノ小屋(4:45)~北岳頂上(5:23-6:15)~北岳山荘~中白根~間ノ岳頂上(9:21-9:40)~農鳥小屋(10:45-11:09)~西農鳥岳(11:55)~農鳥岳頂上(12:30-12:46)~西農鳥岳~農鳥小屋(14:06)
3日目 農鳥小屋(6:04)~間ノ岳(7:51-8:07)~中白根~北岳山荘(9:21-9:46)~吊り尾根分岐(10:35)~八本歯のコル(11:19)~二俣(13:00-13:29)~広河原(15:05)

やっと天候が良くなったので、白峰三山を楽しみに登る。
土曜日の混雑を避け、日曜日からの3日間にした。
芦安の駐車場は満車だろうと予想していたが、金山沢温泉に下って第8駐車場になってしまった。
5時30分の便には間に合わないので、ゆっくりと坂道をバス発着所へ向けて歩く。
一番で向かった乗合タクシーが戻って来て、6:30分に広河原に向けて出発できた。

DSC01285_20170928115310461.jpg 広河原(吊り橋)から北岳

DSC01295_201709281153091f1.jpg
大樺沢から北岳

DSC01305.jpg 二俣、正面に鳳凰山

DSC01310_2017092811530894a.jpg ナナカマド

DSC01313_20170928115308faf.jpg オヤマリンドウ

DSC01315_20170928115646352.jpg 右俣コースの楓

DSC01319_20170928115645b8f.jpg
草すべりからの合流地点

DSC01320_20170928115645194.jpg ヤマハハコ

DSC01337_201709281156446e7.jpg
小太郎尾根分岐


DSC01339.jpg
気持ち良い道を進む(赤く染まったウラシマツツジ)

DSC01351.jpg

DSC01353_201709281200059ea.jpg
紅葉の木々と仙丈ケ岳

DSC01344_20170928120005926.jpg
ミヤマダイコンソウとウラシマツツジの葉

DSC01346_20170928142024f89.jpg
小太郎尾根分岐(正面)を振り返る
 
DSC01352_201709281420230de.jpg
小太郎山(甲斐駒ケ岳はガスの中)

DSC01357.jpg 肩の小屋に到着

青空と草紅葉、心地よい風をうけ気持ちよく登って来た。
肩の小屋に着いて、ゆっくりした後の楽しみは夕焼けの空。
赤くな~れと、期待を込めてじっと待つ。

DSC01360_20170928120004e4c.jpg
夕日

DSC01364_201709281200034c1.jpg

DSC01363.jpg

DSC01365_20170928120100527.jpg

DSC01367_201709281200599d1.jpg

DSC01366_20170928120059cb3.jpg

明日の行程は農鳥岳まで行くので、日の出前に小屋を出発する。


2日目 肩の小屋~間ノ岳~農鳥小屋~農鳥岳~農鳥小屋
3日目 農鳥小屋~間ノ岳~北岳山荘~吊り尾根分岐~左俣コース~広河原

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2017年登山記録 | 14時42分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | 次のページ